Follow by Email

2013年1月29日火曜日

日本語で働ける海外就職

現在、2014年卒業者向け会社説明会、選考を行っています。


沢山ある会社の中から、私達の会社を見つけ説明会や会社に来ていただき本当にうれしいです。
2014年4月はイメージワークス10周年を迎えるタイミングであり、新卒社員も5期目となります。


本年より、海外BPO事業を立ち上げるに当たり例年通りの国内での募集と
セブで作る新会社に就職し、直接セブで選択もして貰えるようになりました。
海外BPOを行う狙いは社会のニーズに応えられ、我々も成長できると考えているからです。

学生ニーズ

日本経済が縮小し続ける中、内向きといわれ続けた学生の意識も随分変わり、
海外で働いてみたい、グローバル人材になるべく語学の習得をしたいなどのニーズを強く感じます。
留学して、グローバル企業に勤めることで海外での生活、実務経験を積めれば本当に素晴らしいですね。(やり直せるなら是非そうしたいです)


 しかし、学生時代に経済的な問題などの理由で十分に語学習得が出来ていない場合、
就職してから再度学びなおすことになりますが いざ就職してみると新社会人として学ぶべきことは膨大でなかなか休暇をとって語学習得などは、弊社も含め難しいのが現状です。
(学生時代はお金、社会人は時間がないのです)


そこで、日本語で働きながら英語を学べる環境を用意ばきっとニーズがあると思い
既にフィリピンのセブ英語学校を経営されている先輩に協力を頂き、事業を開始することが
可能となりました。
勿論メリットだけではなく、お給料は日本よりもずっと安くなりますので
向こうの物価を考慮しても楽ではないと思います。

興味のある方は説明会や面談を通じて、業務や条件面得られる経験などをしっかり吟味して
決めていただきたいです。
(お給料面より、得られる経験、語学習得のメリットが優先の方にピッタリです)




企業ニーズ

経済が成長せずデフレが続いていることは企業の収益にも大きな影響を与えており、
売上を上げ続ける事は非常に難しくなっています。
そこで業務の一部をアウトソーシングすることで、費用の低減に取り組んでおられます。
しかし、海外へのアウトソーシングに抵抗を持たれている会社も多くあります。
日本語が堪能な現地スタッフで対応できることもあるのですが、顧客との接点などでは
日本人スタッフでの対応が求めらるケースが多いです。
もし今より同水準のサービスを低いコストでアウトソーシングが可能であれば
ニーズは大きいと考えています。 教育面など課題はありますが期待に沿えるサービスを
作っていきます。



弊社のニーズ

イメージワークスグループは通信、環境事業に軸足をおき、「時代のニーズをカタチに」することで
成長してきました。

もう一つの収益の柱、コスト削減、優秀な人材の採用、育成を期待しこの事業を立ち上げる決意をしました。


ニーズを先読みし「お客様の半歩先」に勉強して顧客が求めるサービスを提供し続けることが弊社にとって重要となっており、人材の採用、育成が肝になっています。

既に弊社で働く社員のキャリア形成、モチベーション向上、優秀な人材の確保にとって非常に需要であり、会社の付加価値になると期待しています。


勿論、通信事業、スムネット、WS事業、マンション太陽光事業もこれまで以上にしっかりやっていきます。
お客様に喜んでいただきながら社員が成長し利益になるようしっかりやっていきます。




0 件のコメント:

コメントを投稿