Follow by Email

2012年4月9日月曜日

ご縁とタイミングについて

ご縁が何より必要ですが、タイミングが合うかどうかが仕事や恋愛に大きな影響を与えます。


 仕事に夢中になっていたら彼女にフラれたり、会社の成長と社員が求めているレベルのミスマッ
チで離職する社員もいました。



採用の場面では、条件は折り合っているのにタイミングだけが合わないで残念ながら一緒に出来な人物もいましたし反対に、出会って20年もしてからお互いが同時にお互いの不足部分を埋めるようなタイミングが奇跡的に起こり、今では一緒に会社をやっている仲間もいます。



タイミングをコントロールする方法はしりませんが、感覚的に
多くの出会いを重ねる事と、計算抜きで人と永く付き合い続けていく事は必要だと思います。


永くお付き合いが続ける秘訣は、自身の用事の時だけ連絡するようではだめで、年賀状やFBなどのツールも活用しながら自然にコミュニケーションをとり続けることが大事だと思います。
そして、相手が困っているときに、自身が出来る範囲で応援するなどしている関係は深まるとおも
います。


もう一つ相手との心地よい距離感も重要だと思います。
焦ってしまってまだ人間関係ができていないのに、近い関係を望みすぎ上手くいかないケースもあると思います。
相手と自身との価値観の違いを認め、押し売りにならないようなお付き合いも覚えたいですね。



結局のところは、あなたが仲間にしたい魅力的な相手から見てあなたが魅力的な光る個性を持つ事や相手に必要とされる人物になることが一番大切だとおもます。


「もし周りにろくな人物がいないと考えたら、鏡を見てみると良いよ」
と昔先輩にいわれたことがあり、「ハエがたかるのはあなたがう〇こであり、もしちょうちょにきてほしければあなたが先に花になりなさい」と言われたことがあります。


ちょっと喩があれですが、私には腑に落ちました (笑)


そして人には、相手の事を想える人数のキャパシティーがあるので、ただ沢山の人と一緒にいるだけでもいけないように思うし、どんな人と一緒にいるかで出会える人も変わっていく事も重要な点だと思います。



澤田が心がけているのは相手が成功しているとか、お金持ちであることに拘らないですが、
誠実である事とちょっと変わっている人でも魅力がある人とお付き合いするようにしています。
類は友を呼ぶとよく言いますが、本当にそうで変わった人の周りには面白い人がたくさん集まってきます。(勿論私もその一人)

人との出会いは沢山ありますが、人生かけての友人関係や一緒に仕事する関係になることは、
本当に稀じゃないでしょうか?


僕はそんなドラマチックな出会いから新しい何かを生み出すことが人生の楽しみの一つになっています。人間関係は疲れますがその分大きな何かがあるので辞められません。




0 件のコメント:

コメントを投稿