Follow by Email

2012年4月23日月曜日

権限移譲について

窓を開けると涼しい風がそよそよと 吹いてきます。 


桜のシーズンも終わり、5月は新体制をスタートさせていきます。


私達イメージワークスグループは

「未来のニーズを創造し社会に貢献できる事業を通じて、
                            
          顧客と社員の幸福を永続的に追求する」


をグループ理念に掲げていますので社会に有益な事業を創りつづける事で、社会に必要とされ続

けることが可能となり、その結果社員やその家族が安心して暮らせる環境が作れると信じ事業を

営んでいます。

 
 理念の実現のためには、採用活動こそ一番の肝であり、理念やビジョンへ共感と誠実さ、自己成

長への情熱などを採用の大きな枠組みとしてみていますが、もう一つの重要な事として

人材を育て、組織を動かしているマネージャーの育成が挙げられます。



 大きさの大小はありますが、組織の成果にコミットメントし、人材を育てる立場の人たちが多く育

つことで組織は成長する事ができますし、

反対に自己成長やより大きな舞台での活躍を望む社員にとっても部下の育成こそ自己成長に繋

るのでマネージャーの創出は企業の成長に欠かせないと感じています。



”立場が人を育てる”という言葉、

 
「折角ベンチャー企業に勤めるなら、より多くの経験、実績を積上げより早く成長したい」


の新卒入社を含む成長意欲の高い人材の声もあり、実力のある人材を社歴に関わらず、成果と

言動を鑑みて実力に沿った組織の大きさを任せていきます。



 マネージャーには組織の大きさによって権限と責任がセットで移譲され徐々に経営者としての

役割を担ってもらいます。



 私は、トップが全てを管理し、意のままに動かして行く経営スタイルではなく、目標と最低限のル

ールを打ち出し、マネージャーが最も達成に近い道筋を考えていくことが経営者を育成する早道に

なるのではと考えていますし部下に席を譲ることで更に高度な仕事に取り組んでいく事が重要だと

思います。


 弊社の場合、2011年春入社の新卒社員が既に部下を持っている場合もあり、能力と成果次第で

早い段階でマネージメントに関わることが可能です。




    
 また、もう一つのキャリアとしてスペシャリストという選択肢もあります。

飛びぬけた成果を出すことで組織の目標達成、組織の活性化に貢献する人も非常に重要です。


成果を上げる人=名マネージャー ではないことは、現場を踏めば理解できると思います。

部下の育成は苦手だけど、営業成果は抜群の人材にはその道のプロとしてのキャリアも用意して

いく事も私達が経験の中で見つけたキャリア形成の一つであり、

どちらが良いかではなく、社員の強みを活かせる選択肢だと考えています。



 因みに弊社のマネージャー全員が業界未経験であり、営業経験者も殆ど居ない中で

成長してきました。

 全くの未経験から一人前の営業、そしてマネージャーへの道、一人ひとりに違ったドラマがあり、

成長の歴史があります。

  


採用告知


 5月、6月は今年度の体制を固めるための採用を行います。

通信事業部は、福岡、神戸への出店の為に 5月7日と6月初旬に 研修をスタート


セールスプロモーション事業部も京都、大阪中心に大幅に増員をかけていきますので

5月中旬より研修を順次進めていきます。



 現在求めている人材も、基本的に未経験者のみを採用する予定です。


但し、ソフトバンクモバイル一次代理店になったことでこのモバイル業界及びテレマーケティングの

エキスパートやマネージメントに関わっておられ、新事業部の立上げに関わりたい方の応募は大

歓迎ですのでご紹介も含めお願いします。



  成し遂げたいことに採用、育成が追い付くことが私の使命であり、

  一番の楽しみになっています。

                                        
          





 







 





 
 



 




 
 




 


0 件のコメント:

コメントを投稿