Follow by Email

2012年2月8日水曜日

悩み解決法

ちょっと悩みについて考えていこう。

就活生やスタッフに時々質問されるので
ブログを見てくれている誰かの参考にして欲しいので
僕の失敗談と立ち直るきっかけ、そしてそこで気づけた事を書いてみよう。


独立当初、家庭用の商材の代理店をしていて売上の中からコミッションをもらう約束で販売をしていました。
一年間くらいは順調に成果報酬でで稼げたのですがその会社の倒産により売掛金が回収できない事態に陥りました。

失敗は売掛金の回収をあてにして、事務所のオープンや運転資金をサラ金で借りていたのでさーたいへん。

 更に厳しかったのが迷惑をかけた仲間の借金の一部の責任を取ることになりたちまち窮地に追い込まれた。

恥ずかしいのですが当時は銀行からお金を借りれることすら知らずに最高40%、平均でも20数パーセントという高金利の借金だけが残ってしまった。
(書きながら公開するか迷うほど恥ずかしいです。)

当時の僕の状況を思い出すと確か

車と修理代のローン         約200万
スクーバイビング機材とライセンス約120万(ちょっとだまされた)
自身のサラリーローン          200万
友達のサラリーローン          150万
クレジットカードローン          100万

くらいの借金があり 支払いが家賃光熱費、携帯、借金合わせると 30万円から40万円の支払いだったと思う。

        最初は笑っていたが直ぐに色々払えなくなり

        月末の資金繰りをするためにサラ金の融資可能残高を見て周り
 
        頭は何かの膜で包まれたようになり景色は曇って見えた。

        考えることは 返済の事が中心でそれ以外の時間は

        「何故自分にだけこの様な事が起こるのか?あの人のせいでこんな目に合って憎い」とか
    
        そんな感情に支配されてた。
 
        アトピー性皮膚炎は悪化し外出が嫌になった。

        賑やかだったオフィスは静かになり 始まったばかりで終わりを迎えたように思った。

        数カ月は代わりの事業も見つからず焦り苦しい日々が続いた。
 
     
        しかし、そんな僕と一緒にいてくれた仲間のおかげで心までは折れなかった。

        「減っていくだけの米びつを眺めるのをやめて前に出よう」と
        みんなで事務所内でルールを作った。

        愚痴、悪口、マイナス発言、ため息の禁止 そしてプラスに置き換えて話すようにした
        罰則は100円 違反者は空き缶に100円を入れる約束をした。

        このルールは驚くほど効果があった。

        例えば 電話が料金未納で止まった時
        「あ、電話止まってる・・・し、しずかで いいね」 とか

        サラリーローンのほのぼのレ〇クから催促の電話を取った時
         「澤田さーん ほのぼのレ〇クのほのぼのしてない方から電話です!」
        
        外出先で携帯電話に仲間から
        「折角電気止まったのでローソク買ってきてきて!怖い話大会しよう」

        究極は、督促状を「励ましの手紙」と呼ぶようになった。
        
        支払いが遅れたことなどで当時ご迷惑をかけた関係先には本当に申し訳ありませんが、

        結果的には立ち直り、4年かかってすべて返済できました。

        気づきは
        1. 一緒にいる人によって自身の考え方に良くも悪くも大きな影響を与える
          
        2. 言葉が持つ力は大きく、発言を変えるだけで大きな力がある。

        この時期に事象をどうすれば明るくポジティブに変換できるかを訓練したことは最高の学         
        びだと思う。

        今でも多くの失敗をしますが、この時の経験により非常に立ち直りが早いのと、
    
        そもそも問題だと思っていたことが気のせいであることを見破る能力にも磨きがかかった様

        に感じる今日この頃です。
        
       

        最後に僕の問題解決法を教えます。
      
        もし、あなたが今日財布を落ち込んでたとします。
  
        「あーなんで鞄にちゃんと仕舞わなかったのか?」
 
        「あのお金あればあれもこれも買えたのに・・・」
        
        「月末までどう乗り越えよう」
 
        など怒りと後悔の感情をきっと持つと思う

        悩むことは悪くないけど、 問題→悩む→行動止まる→さらに悪い結果

        と負のスパイラルは避けたいですね。


        そこで
  
        今悩んでいることを頭で考えていみて 10年後もそのことが原因でなやんでいるだろうか
  
        本気で考えてみてください。

       「僕は10年後この10万円を落としたことで悩んでるだろうか?」

       「さすがに10年後は大丈夫やな 」
       
       5年後、3年後、来年・・・半年後 

       「あ、意外と大丈夫やな、一カ月に3000円節約すれば30カ月位で回復してるはずやな。」        
       「だったら大丈夫な事にして今日から頑張って取り返そう!!」

       となったら100点満点ですね!
         
       プラス思考は遺伝でも才能でもなく 絶対訓練なのでやってみてください!
 


       
       いつか続編かきます!


    

        




0 件のコメント:

コメントを投稿